検索
  • 山﨑 美枝

植物観察日記【第10回】バーベイン


【熱血漢】 こんにちは。フィトセラピストの山崎です。 6月の初め頃、広島市植物公園でホワイトバーベインの花を見つけました。

写真はホワイトバーベインです。 バーベインの仲間ですが、残念ながらレメディになるのはこの品種ではありません。

バーベインの和名はクマツヅラ。

広島県植物図鑑によると広島市の古川にも生息しているようです。

特徴は、花をつけ始めてもなお花穂を伸ばし続けるアンバランスな姿にあります。

理想を追い求めるあまり、頭が先走り、理想と現実がかけ離れていく様子が伺えます。

花穂はそれでも伸び続け、いつしか彷徨い、本来の方向性を見失ってしまいます。 【バーベインはこんな時に】 ◉自分の持つ高い信念や理想に邁進し、緊張し続けている ◉正義感が強く、それを他人にも押し付けてしまう ◉自分のいいと思ったものを周りに理解してもらおうと熱く説得する

【レメディを飲んだ後の変化】

◉広い視野でものごとを見つめることができるようになる

◉緊張状態から解放され、リラックスしやすくなる

◉柔軟性が身につき、他人の考えにも耳を傾けることができる 【バッチ博士の言葉】

自分が望むことを人に期待すべきではありません。

彼らの考えは彼らにとっての真実であり、彼らが自分と違う道に行ったとしても、私たちのゴールは皆同じなのです。

バーベインは興奮しすぎて眠れないような覚醒した夜の、健やかな入眠にもオススメです。


0回の閲覧

会社概要研修/講演実績プライバシーポリシー

​Copyright sanjyuhachikado All rights reserved.