02 アスペン|いつも胸のあたりに不安がある

『いいしれない不安感にとらわれる』
アスペンが必要なのは、はっきりとは説明できない不安感があり、不吉な予感がしたり、漠然とした恐れをもっているときです。何が怖いのかと聞かれてもうまく伝えにくいので、ほかの人にそのことを言わないかもしれません。
アスペンを飲むことで気持ちが落ち着き、本来の平常心をとり戻せるでしょう。悪夢にうなされるときにも使います。

02 アスペン|いつも胸のあたりに不安がある

¥2,400価格

    会社概要研修/講演実績プライバシーポリシー

    ​Copyright sanjyuhachikado All rights reserved.