メディア掲載|毎日新聞 朝刊(12/23付)

December 23, 2017

 〈記事はコチラ〉

広島県立世羅高校への「出張保健室」を取材いただきました。

https://mainichi.jp/articles/20171223/ddn/041/050/015000c

 

とはいえ、この4年間、部員さんから「お母さん」と言われたことは一度もなく(笑)

きっと取材を受けた部員さんが、サービスでコメントしてくれたんだな..(ナイス!)

 

彼らは状態や気分を「言語化」することで、思考がまとまり感情が整理されるのを体感として知っています。

 

私が世羅高校にお世話になり始めた時、監督から「陸上選手ではなく、人を育てているんだよ」と諭されたことがあります。

「高校陸上部。」右も左もわからない世界で「ともかく部員さんをサポートしなければ!」と焦躁していた私は、その言葉に頭が真っ白になりました。

 

「ちゃんと自分でリカバリーするから、部員を信じてやって。」

と言われ、数か月後。苦しみから復活した青年の誇らしく勇気に満ちた表情を、「これが教育なのか」..と震えながら見つめました。そして彼らは「復活できたのはみんながいたから」と当たり前のように「おかげさま」を口にします。

 

「真の自力を確信したとき、そこに多くの他力が関係していたことに気づく」

わたし自身が青年期に心震えた、五木先生の「他力本願」がそのままここにありました。

 

まるで「すべての瞬間が成長」のような彼らを見ていると、目眩がします。

高校時代サボタージュばかりしていた自分の人生に、まさかこんな機会が用意されていたとは(笑)

 

出場47校すべての選手に、今日まで1年分のドラマがあります。

どの選手も、積み上げてきた実力を、どうか限りなく発揮できますように!

 

全国高校駅伝大会 12/24号砲です。

 

 

Please reload

最新記事

October 23, 2019

July 6, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

会社概要研修/講演実績プライバシーポリシー

​Copyright sanjyuhachikado All rights reserved.