コラム|「合格する眠り」のお話

January 8, 2018

上級睡眠健康指導士の三浦です。

いよいよ受験シーズン到来ですね。

「夜を徹してラストスパートをかける時期」と思われるかもしれませんが、実はこの時期こそ、睡眠をしっかりとっていただきたいと思っています。

 

理由は二つ

 

●1つ目はインフルエンザ予防です。

受験シーズン到来とともにインフルエンザも流行しています。いままでの頑張りが水の泡にならないように、外出後の手洗い、うがいはもちろんですが、睡眠時間をしっかり確保することが免疫力を保つ基盤になります。

 

 

●もう一つ大事なのは、「睡眠は記憶の固定に関係」していることです。

私たちは睡眠中、その日の記憶の再生をなんと100倍速の速さで行っています。そうすることで不要な記憶を削除し、必要な記憶を引き出しにしまう作業も行っているのです。

もし睡眠が足りなかったり、睡眠の質が悪いと、その作業が中途半端な状態で朝を迎えてしまいます。

 

学習したことを脳に定着させる(試験当日まで覚えておく!)ためには、勉強+その後の睡眠をセットで考える必要があるようですね。

 

 

●さらに、学習効果を高めるとっておきの研究結果があります。

アロマテラピーはみなさんご存知ですよね?

例えば「ペパーミント」「ジャスミン」「ライム」「ゆず」など覚醒レベルをあげるアロマテラピー(香り)を部屋に拡散させながら学習し、「寝ついた後もしばらく香りを拡散」させると、脳の海馬が活性化し記憶の固定過程が増強され、学習効果が向上するということがわかってきました。

 

 

眠りやアロマを味方につけて、受験生の皆さまが実力をフルに発揮できますようお祈りしております。

 

 

*「眠り」や「アロマテラピー」に関する個別のコンサルティングを承っております。

詳しくは三十八花堂 082-225-7554

 

 

 

Please reload

最新記事

October 23, 2019

July 6, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

会社概要研修/講演実績プライバシーポリシー

​Copyright sanjyuhachikado All rights reserved.