植物観察日記|【第1回】ホワイトチェストナット

May 20, 2018

【ぐるぐる思考のレメディ】

こんにちは。フィトセラピストの山崎です。

 

 

ホワイトチェストナットはGWにひろしま美術館庭園で見つけました。

西洋トチノキです。

顔が隠れそうなほど、とても大きな葉をつけます。

広島市植物公園にも高さ20mはありそうな大木がありました。

虫媒花で昆虫の目を惹くために、いくつもの花をまとめて大きく見せています。

ひとつひとつの花は2cmほどですが、何十個も集めて長さ20cmにもなる上向きの花穂。

そのほとんどはフェイクの飾り花で、受粉できるのはほんの少しだけなのです。

 

 

【ホワイトチェストナットはこんな時に】

◉心配事や考え事がずっと頭から離れず、堂々巡り

◉あれこれ考えすぎて、夜なかなか寝付けない

◉頭の中でいろんな葛藤が会話を繰り広げている

 

 

【レメディを飲んだ後の変化】

 ◉頭がクリアになり、問題を力が発揮される

◉心が落ち着き、客観的な視点で物事を見つめられるようになる

◉目の前のことに集中できるようになる

 

 

【バッチ博士の言葉】

安らぎを感じることの美しさや落ち着くことの大切さについて、静かに考える時間を、 毎日少しでもとることが本当の助けになります。

 

 

Please reload

最新記事

October 23, 2019

July 6, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

会社概要研修/講演実績プライバシーポリシー

​Copyright sanjyuhachikado All rights reserved.